パキシル

早漏治療薬パキシル(一般名:パロキセチンPAROXETINE)

パキシルとは?

パキシルとは、ED治療薬・早漏治療薬を処方するクリニック・医院で「従来の早漏症薬」等と記載されていることがある薬剤です。「パキシル」は製剤名であり、「パロキセチン」が一般名です。パロキセチンが有効成分であるパキシルは、グラクソ・スミスクライン社(GlaxoSmithKline plc)が開発した選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。本来は、「社会性不安障害・うつ病・パニック障害・うつ状態」などが適応症であり、早漏症に対しての適応はありませんが、早漏改善効果の副次的な作用を利用して早漏症治療薬として適応外使用されています。

プリリジー(ダポキセチン)以外にもパキシルを含めた他のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)は、射精時間を延長させることが知られています。プリリジーが販売される前から、SSRIは一部の自由診療クリニックで早漏治療薬として処方されてきました。

パキシルの効果

海外データによると、平均24秒だった治療開始前IELT(膣内挿入してから射精に達するまでの平均値)の被験者が性行為の5時間前にパキシル20mgを服用して、IELTが約34秒~90秒に改善したと報告されています。また他の被験者に同じ服用方法を行い、約10~30%の方に早漏改善がみられたと報告されています。

現在世界で唯一、早漏症治療薬として正式に認可されている薬剤はプリリジーのみですが、パキシルで早漏改善効果が認められる方もいらっしゃいます。そのため、当院においてもパキシルを早漏治療薬として取り扱っております。

パキシルとプリリジー(ダポキセチン)は併用できません

同じSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されるパキシルとプリリジー(ダポキセチン)は、併用しての服用ができません。
セロトニン作動性をもつSSRIやSNRI、3環系坑うつ薬などの薬剤を使用していた方は、薬剤の使用を中断してから14日以内も併用禁忌となります。

正しい早漏治療ができないクリニックに注意!

早漏治療でプリリジー(ダポキセチン)やリドスプレーではなく、前立腺肥大症の治療薬である「ユリーフ」、元々癌性疼痛等の適応である「トラマール(トラマドール)」を処方している正しい早漏治療を行っていないクリニックがあります。ユリーフ(シロドシン)は、逆行性射精の副作用が100%生じ、射精感を得る事ができません。(トラマール(トラマドール)は、依存性があるため中毒にならないように気を付けてください。正しい治療を行っていない危険なクリニックにご注意ください。

PAGE TOP
タップで電話発信します
092-260-7170
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト