その他薬剤

その他薬剤

レビトラの国産ジェネリック医薬品の動向

日本で認められているED治療薬はバイアグラ(シルデナフィル)レビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)の3剤がありますが、このうち国内製のジェネリックとして処方されているのはバイアグラのみです。2017年5月現在、レビトラには国内で認可された正規のジェネリックは存在しません。

そのレビトラですが、日本では2020年5月には特許が満了を迎えますので、2020年以降ジェネリック医薬品が販売される可能性があります。ユナイテッドクリニック各院でも国内正規ジェネリック医薬品が発売された場合には最安(最安値)でお取り扱いする予定です。

レビトラとは

レビトラはドイツのバイエル社が製造しているED治療薬です。アバナフィルに次いで即効性があり、食事の影響や副作用がバイアグラより出にくい薬剤です。また効果持続時間もバイアグラが5~6時間に対して、6~8時間とやや効果が長く続くように作られています。

注意点としてレビトラは併用禁忌薬が多く、透析中の方はレビトラを服用することができません。また、65歳以上の方はレビトラ20mgを服用することができません。そのため65歳以上でしっかりとしたED治療が必要な方にはバイアグラやシアリスが治療の選択肢となります。

ジェネリック医薬品はどうなるのか?

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同成分ですので、ジェネリック医薬品の効能・効果、服用・飲み方、副作用、注意点、禁忌はレビトラと同じです。現在、ジェネリック医薬品は海外で製造されたものしかなく、個人輸入やネット通販でしか購入できません。ジェネリックなのでレビトラの成分と変わりなく、そのためアメリカなどでは一般的に流通している薬剤です。日本でも国内正規ジェネリック医薬品が販売されるとレビトラよりも購入費用を安い価格に抑えることができるため、ジェネリック医薬品購入が主流となるでしょう。

レビトラの作用

勃起は、五感から性的刺激を受けることで脳が興奮し、一酸化窒素が放出され、局部の細胞内にcGMPという血管を拡張させる物質が増えることで起きます。また、放出されたcGMPをPDE5いう酵素が壊すことで海綿体の血管が収縮して勃起が治まります。このPDE5が正常に作用している場合は特に問題ないのですが、ストレスなどで過剰に分泌されるなどでcGMPの分泌量を上回ると勃起が上手くいかず、EDの症状として現れます。 レビトラは勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊すPDE5を阻害する作用があるため、勃起補助の効果があります。

ただし、レビトラは性的興奮作用や性欲増強作用などの催淫効果はありません。つまり服用すれば勃起するというわけではなく、あくまで性的刺激を受けて勃起をした時にそれを補助してくれるというものなので注意が必要です。

レビトラの効果

国産正規ジェネリック医薬品が発売された場合に気になるのがその効果ですが、ジェネリックは先発と成分が同じであるため効能効果に変わりありません。またレビトラと同じ成分を使用しているため、射精時間を延長する効果があるとされています。5mgの容量では確認されていませんが、10mg以上では射精時間の延長効果が知られています。 ただしED薬の射精時間の延長効果は万人に期待できるものではなく、またED薬単独の使用では早漏薬程の延長効果は期待できません。 EDで早漏を合併して悩んでいる方にはダポキセチンなどの早漏治療薬との併用が効果的です。ダポキセチンとED薬を併用する場合、効果発現までの時間が同じであるバイアグラと併用することが一般的です。ダポキセチンは挿入から射精までの時間を3~4倍延長させる効果をもつ優れた早漏治療薬です。

レビトラの副作用

国産ジェネリック医薬品が発売された場合、その副作用もレビトラと同様です。

ED治療薬全般に言えることですが、血管を拡張する作用があるので症状が出やすい体の部分に副作用が起きます。一般的な副作用の症状としては「顔のほてり」「目の充血」などが挙げられます。 「顔のほてり」や「目の充血」程度であれば薬が効き始めた合図くらいに捉えて頂いて大丈夫です。

その他の副作用には鼻の中の血管が拡張したために起こる「鼻づまり」や、視神経の血管が拡張して起こる「明るいものが青みがかって見える」青視感(羞明感)、脳の血管が拡張して起こる「頭痛」などの症状が起こる場合があります。これらの副作用は一時的なものであるため、薬の効果が切れるとともに消えていきます。万が一、薬の効果が切れた後も同じ症状が続くようでしたら医師にご相談ください。

国内ジェネリック医薬品の処方・価格はどうなる?

当院でも国内製のジェネリック正規医薬品が販売されましたら処方を開始いたします。その際の価格ですが、都内最安値での提供が出来るよう努力していきます。ジェネリック医薬品だけに限らず、医薬品は正式に認可を受けたクリニックでしか処方することが出来ません。必ず医療機関で処方を受けましょう。

海外ジェネリック医薬品の個人輸入

海外ジェネリック医薬品を個人輸入やネット通販などでも購入できるサイトがありますが、お勧めはできません。個人輸入は法律上認められている行為ではありますが、全て自己責任において行わなければならず、何か問題が起こったとしても独力で解決しなくてはなりません。特にネット通販や個人輸入代行を通して購入した医薬品は偽物である可能性がとても高いため、服用すると重篤な副作用や健康被害が起きる可能性もあります。医薬品はネットなどで購入しないようにしましょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
092-260-7170
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト