ED治療

ED(勃起不全・イーディー)

ED(勃起不全)

ED(Erectile Dysfunction:勃起不全・勃起障害)とは、勃起が維持できない、あるいはそもそも勃起自体ができないなどの理由で、性行為が満足に行えない状態を指します。現在の日本でもこの症状を患う男性は多く、潜在的なものも含めれば患者数は1130万人にも上るとされており、もはや決して珍しい症状ではなく、非常に身近な症状になってしまっていると言えるでしょう。

現在の日本で厚生労働省の認可を得て販売されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類で、全てがホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害剤と呼ばれるタイプの薬剤です。陰茎海綿体で勃起に関するPDE-5という酵素の働きを抑えることで、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させるというもので、血流量が増えることで勃起が長時間持続しやすくなります。ED治療薬はそれぞれに特徴があり、効果も個人差が現れます。

主なEDの症状

EDの症状は様々で、全く勃起しないという場合だけでなく、「勃起はするが硬さが足りない」「勃起を持続できる時間が短い」といったケースもEDに当てはまります。

  • 勃起しても十分な硬さにならない。
  • 勃起しないことがある。
  • 挿入はできるが勃起が持続せず抜けてしまう。
  • 性行為に対する満足度が低い。
  • 勃起を長時間持続できない。

程度には個人差がありますが、性行為を原因とした悩みが頻繁に生じるようならEDの可能性があると言えます。

ED治療薬 比較表

バイアグラ レビトラ シアリス
用量 25mg 50mg(100mg) 5mg 10mg 20mg 10mg 20mg
効果が出るまでの時間 30分~1時間 10~30分 1~2時間
効果持続時間 3~6時間 5~8時間 30~36時間
食事の影響 受ける 受ける ほとんど受けない
特徴 知名度、実績No.1
標準的なED薬
65歳以上は20mgの適応なし 副作用が最も少ない
近年主流のED薬

ED治療薬の副作用

ED治療薬を服用すると顔のほてりや目の充血などの症状が表れることがありますが、これらは血管が拡張しために起きる症状で、効果が出ている証とも言えます。他には頭痛、動悸、鼻づまり、色覚変化などの症状が起きる方もいらっしゃいます。いずれも一時的なものですが、どうしても気になる、あるいは他の症状が出たという方は医師にご相談下さい。

その他の注意事項

高血圧治療中の場合

バイアグラは血圧を低下させる働きがあるので降圧剤との併用により、立ちくらみなどの症状が一時的に表れることがあります。この事に十分注意していればバイアグラは高血圧の方でも使用できますが、併用禁忌の血圧の薬も存在しますので必ず医師にご相談ください。

心筋梗塞や狭心症の既往がある場合

ニトログリセリンを使用中、あるいは発作時に備えて所持している方に対しては、ED治療薬を処方することはできません。心筋梗塞や狭心症の既往がある方は、使用を検討する前に必ず主治医に相談してください。

処方できない方

以下に該当される方にはED治療薬を処方できません。

  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソビルド等の、硝酸剤あるいは一酸化炭素(NO)供与剤を投与中の方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴をお持ちの方
  • 心血管系障害を有するなどの理由で、性行為が不適当と考えられる方。
  • 重度の肝機能障害のある方
  • 低血圧の方(血圧<90/50mmHg)、または治療による管理がなされていない高血圧の方(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)
  • 脳梗塞、脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
  • 網膜色素変性症の方

その他、ED治療薬は併用禁忌薬があります。服用されているお薬のある方は、処方の際に医師にご相談下さい。

EDの原因

EDの原因は「器質性ED」と「心因性ED」の2つに分けられます。

器質性EDとは生活習慣病、すなわち糖尿病、高血圧、高脂血症などが原因で起きるEDです。

生活習慣病を原因とした動脈硬化によって血流が悪くなり、陰茎海綿体に十分な血液が送り込まれなくなってしまうためにEDが発症します。日常化した不規則な食生活、運動不足、過度の飲酒・喫煙などが動脈硬化を招いた結果、血管や神経が障害を受けることでEDを引き起こしてしまいます。

心因性EDとは日常生活でのストレスや、性行為時のパートナーからのプレッシャーなどを原因としたEDで、特に20~40代と比較的若い世代に広がっているパターンです。仕事上のトラブルやパートナーとの人間関係など、様々な要因のストレスにより性的興奮がスムーズに陰茎に伝達されずEDとなってしまいます。

これらが典型的なEDの原因ですが、実際には生活習慣病だけが原因、またはストレスだけが原因と明確に区分されることは少なく、両方の要素が絡み合った混合型EDが多いとされています。

その他の原因としては、脳・神経疾患(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)や陰茎海綿体の血管・神経を損傷するような手術及び外傷、前立腺肥大に代表される泌尿器科系の疾患、腎不全、陰茎の先天性の疾患などが挙げられます。

また、抗うつ薬や降圧剤など一部の薬剤もEDの原因となることがあり、こちらは薬剤性EDと呼ばれます。

個人輸入でのED治療薬購入について(偽造品に注意!)

ED治療薬を入手する手段の1つとして個人輸入がありますが、個人輸入のED治療薬には偽造品も多く、80~90%は偽物と言われています。

偽造品と正規品を外見だけで見分けるのは医師にとっても難しいことが多いため、実際には本物かどうか定かではないものを服用しているというケースもしばしば見られます。

こういった偽造品は製造国や製造場所が明らかにされていないため、成分や製品の製造過程に大きな問題を抱えているリスクも高くなります。服用を続けることで重篤な健康被害を及ぼす可能性も否定できませんので、個人輸入によるED治療薬の購入はお勧めできません。個人輸入で入手したお薬を服用した際、少しでも体調に変化が生じた場合は、早急に病院で診断を受けてください。

EDに関する良くある質問

Q.ED治療薬を飲むとどんな副作用が起きるのですか?
A.効果の出始めと同タイミングで顔のほてりを感じることが多いですが、これは血管拡張作用によるもので、ED治療薬の効果が発揮されている証拠でもあります。他には頭痛、下痢、軽い色覚変化などの副作用がありますが、いずれも一時的なものですぐにおさまります。
Q.ED治療薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)は何歳まで使用できますか?
A.いずれの治療薬にも年齢制限はありませんが、加齢に伴い体内での成分の代謝が遅くなるので、高齢の方は少量の服用からスタートすることをお勧めしております。ただし、レビトラ20mg錠は、65歳以上の方には適応がありません。
Q.ED治療薬は妊娠に影響を与えますか?
A.胎児に影響を与えることは全くございません。
Q.ED治療薬の郵送のお願いや通信販売は可能ですか?
A.郵送や通信販売を用いてED治療薬をお渡しすることはできません。ご来院のうえ、直接医師の診察を受けた後に処方となります。
Q.診察の際に直接ペニスを診察することはありますか?
A.診察は問診が主ですので、直接患部(ペニス)を診察することはございません。
Q.肝機能障害の指摘があってもED治療薬を服用できますか?
A.肝機能障害が軽度であれば服用可能ですが、肝硬変など重度の肝機能障害を指摘されていると服用できません。

治療の流れ

STEP01   STEP02   STEP03
問診票に記入して頂きます
(※)
  診察   素早く院内処方

※問診票は院内でご記入頂くか、サイト内からダウンロード頂けます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
092-260-7170
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト