ザガーロ

ザガーロ:zagallo(一般名 デュタステリド:dutasteride)

ザガーロ(デュタステリド)処方

ザガーロ

「ザガーロ(zagallo)」は2015年9月28日に正式にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として承認され、2016年6月13日にグラクソ・スミスクライン(GSK)社から販売された新しいAGA治療薬です。ザガーロの主成分はデュタステリドといい、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発され、日本でも2009年に「アボルブ」の商品名で販売が開始されました。その後、AGAに対しても治療効果があることが分かり、「ザガーロ」の商品名で発売されることとなったのです。

ザガーロの由来は「進化した」、「究極」を意味する「Z」と男性型脱毛症を示す「AGA」からつけられたそうで「究極のAGA治療薬」という意味合いがあります。

ザガーロの効果

ザガーロの主成分デュタステリドはプロペシアの主成分フィナステリドと同様に「5a還元酵素阻害薬」に分類されます。AGAの1番の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの生成に必要不可欠な5a還元酵素の働きを阻害することでDHTの生成を抑制し、AGAの進行を抑制する効果があります。

この5a還元酵素にはⅠ型とⅡ型が存在しますが、フィナステリドはⅡ型のみに作用するのに対して、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型両方に作用します。またⅡ型5a還元酵素に対してもフィナステリドと比べて約3倍もその働きを阻害するため、フィナステリドよりも強力にDHTの生成を抑制し、AGAの改善に効果があります。

ザガーロとアボルブの違い

ザガーロはAGA治療薬、アボルブは前立腺肥大症の治療薬として販売されています。両社の名前や適応症は違いますが、主成分はどちらも同じデュタステリドですので効能・効果は同じです。ちなみに両薬剤とも販売している会社はGSK社です。薬効自体に違いはないため、アボルブをAGA治療薬として服用している方もいらっしゃいます。

ザガーロの副作用

添付文書に記載されている副作用の主なものは調査症例557例中95例(17.1%)、勃起不全が24例(4.3%)、性欲減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)で、フィナステリドと同等の副作用が見られるようです。

ザガーロの初期脱毛

ザガーロの服用を開始してから2週間~1ヵ月程度経過した頃に、「初期脱毛」と言って一時的に頭髪が抜ける現象が起こることがあります。ただしこれは副作用ではなく薬剤の効果が出ている証拠ですので、抜け毛を気にしすぎてザガーロの服用を中止しないようにしてください。また初期脱毛は必ず起こるわけではありません。

ザガーロの服用方法

1日1回1カプセルを服用してください。食事の影響はないため、食前食後など気にせず服用できます。有効成分の血中濃度を一定に保ち安定させるためには24時間おきに服用することが望ましいとされていますので、おおよその服用時間を決めておくようにしましょう。そうすることで飲み忘れも防ぐことが出来ます。

早い方だと3ヵ月連続服用で効果が出る方もいますが、通常は6ヵ月連続服用が必要です。また途中で中断してしまうと効果が途絶えてしまうため、効果を持続させるためにも継続的な服用が重要です。

ザガーロ服用の注意点

ザガーロは男性型脱毛症にのみ作用する薬剤のため、女性はもちろんのこと男性でも円形脱毛症やびまん性脱毛症、抗がん剤の副作用による脱毛の方には効果が得られません。ザガーロの服用を希望する場合にはAGA治療専門クリニックできちんと診察を受けてから服用しましょう。

ザガーロは未成年者に対しての安全性・有効性がまだ確立されていないため、20歳未満の方も服用することが出来ません。またカプセルの内容物が口腔内の咽頭粘膜を刺激する場合があるためカプセルは開けたり、噛んだりしないで服用しましょう。

ザガーロの主成分デュタステリドは妊娠中の女性が触れてしまった場合、胎児の生殖器官の発達や発育に影響を及ぼす可能性があります。また経皮吸収の可能性もあります。ザガーロはカプセル化されているためそのまま触れても経皮吸収されませんが、カプセルから出してしまうとデュタステリドが経皮吸収されてしまう恐れがあるため、触れないようにする配慮が必要です。

ザガーロを服用中の方でこれから子供を作りたい、家族を増やしたいと考えている方も多くいらっしゃいます。上記の通り妊娠中の女性がデュタステリドに触れてしまうと、男の胎児の生殖器に奇形が生じる可能性があります。

アカゲザルを用いた研究ではデュタステリド摂取による奇形を有した児はいなかったとの結果が出ていますので、ザガーロ服用と胎児の催奇形性に関して過剰に心配する必要はありません。どうしても心配な場合は一旦ザガーロの服用を中止し休薬しましょう。12~20週の休薬で体内からデュタステリドは消失します。子作り希望の場合は子作りをする12~20週前から休薬することをお勧めします。

AGA治療薬は服用を中断してしまうと効果がなくなり症状が進行してしまいます。AGA治療薬のミノキシジルに関しては服用しても妊娠や胎児には影響しませんので、子作りを検討中の方は治療薬の一時切り替えをお勧めします。

ザガーロとミノキシジルの併用

上記のミノキシジルは血流を改善させ毛乳頭や毛母細胞に栄養が届きやすくするだけでなく、毛乳頭や毛母細胞の働き自体を活性化させることで育毛を促す薬剤です。ザガーロは脱毛を抑える薬剤です。そのためザガーロとミノキシジルを併用することによってお互いの長所と短所を補い合う様に作用するため、併用治療が非常に効果的です。AGAには多角的な治療が非常に有効とされていますので、ミノキシジルの外用薬やミノキシジルタブレットとザガーロを併用しての治療をお勧めします。

PAGE TOP
タップで電話発信します
092-260-7170
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト